予防接種について

予防接種について

ワクチンデビューは生後2ヶ月

母親から授かった免疫は成長とともに減弱していき、病気(感染症)にかかりやすい状況となります。ここで必要になって来るのが、ワクチン接種です。
予防接種は免疫が弱まってからも病気にかからないよう、また、かかっても症状がひどくならないように行います。一般的には、生後約2ヶ月がワクチンデビューのタイミングです。
現在は、たくさんの予防接種があり、「どれを接種したらよいのか?」とお悩みの方も少なくないと思います。それに、予防接種のスケジュール管理は、保護者の方だけでは、なかなか難しいものです。そんな接種プランニングについても、遠慮無くご相談ください。

ご持参いただくもの

  1. 予診票
  2. 母子健康手帳
  3. 健康保険証
  4. 小児医療証
  5. 診察券(お持ちの方) など

※事前のご予約が必要です。お電話、もしくはご来院時に予約をお取りください。
※予防接種は、お子さまの体調が良い時に受けさせましょう。
※接種後30分は、もしもの副反応に備えて、念のため接種場所の近くにいましょう。心配な症状が見られた際は、医師に相談してください。

定期接種と任意接種

予防接種には、下記のように「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。

定期接種

国が「一定の年齢になったら、受けるように努めなければいけない」と規定しているワクチンです。接種費用は、対象年齢内、規定回数内であれば基本的に公費で負担されます(対象年齢や規定回数を超えたり、指定の医療機関以外で受けたりした場合の接種費用は、全額自己負担となります)。

  • ヒブワクチン(乳幼児が細菌性髄膜炎を引き起こす原因の約6割を占めるインフルエンザ菌b型(Hib:ヒブ)への感染を防ぎます)
  • 小児用肺炎球菌ワクチン(乳幼児が細菌性髄膜炎を引き起こす原因の約3割を占める肺炎球菌への感染を防ぎます)
  • 4種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
  • 2種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)
  • BCGワクチン(結核を予防します)
  • 麻しん(はしか)・風しん混合ワクチン
  • 水痘(水ぼうそう)ワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • 子宮頸がんワクチン など
任意接種

定期接種以外の予防接種です。「任意」とは、受けなくても良いという意味合いではなく、病気を防ぐためには、やはり大事な予防接種です。費用は基本的に自費になりますが、接種をお勧めいたします。料金等については、予約時にご確認ください。

  • ロタウイルスワクチン(シロップ状の飲む生ワクチンで、ロタウイルスによる嘔吐下痢症を防ぎます)
    ※ロタウイルスワクチンの接種前後30分は授乳ができませんので、ご注意ください。
  • B型肝炎ワクチン
  • おたふくかぜワクチン
  • 季節型インフルエンザワクチン など

*上記以外のワクチンについても、ご相談ください。
*0歳や1歳の時点で「打ち漏らし」があっても、それよりも上の年齢で接種できる場合があります。「接種をしていない」「必要な回数を終わらせていない」などのケースについては、ご相談ください。

集団生活に入る前に

保育園や幼稚園などの集団生活に入ると、ウイルスに接する機会が急増します。
入園前には、お子さまの接種状況を見直し、接種漏れや任意接種などについては、可能な範囲で接種を受けておくようにすると良いでしょう。

予防接種健康被害救済制度について

予防接種は、感染症を防ぐためにとても重要なものですが、極めて稀ながら脳炎や神経障がいなど、副反応による重大な健康被害が生じるケースがあります。万が一、定期予防接種による健康被害が生じた場合は、救済給付を行うための制度があります。それが、「予防接種健康被害救済制度」です。当該健康被害が、接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定した場合は、市町村により給付が行われます(第三者で構成される疾病・障害認定審査会による、因果関係に係る審査があります)。ただし、対象年齢や受ける回数・間隔を超えた場合には、その対象となりませんので、ご注意ください。

予防接種カレンダー

予防接種カレンダー